ダニエル・ラドクリフ、トーク番組でロン毛にイメチェン

芸能

映画「ハリー・ポッター」の主役ハリーを演じたダニエル・ラドクリフが馴染みの髪型のショートヘアから一気にミディアムレングスのロン毛にイメチェンしてイギリスのトーク番組に出演したそうです。
ダニエル・ラドクリフ、大胆イメチェンの訳は? ミディアムレングスのボブヘアを披露より

出演したのはイギリスBBCの人気トーク番組「Graham Norton Show」だそうで、そこでダニエル・ラドクリフは肩にまで伸ばした今までのイメージと変わるボブヘアで登場しました。

ダニエルがロン毛になったのは、次回出演する映画「フランケンシュタイン」の役作りのためだそうで、現在ロンドン郊外で行われている撮影に参加しているといいます。

番組に一緒にゲスト参加したイギリスの料理研究家メアリー・ベリーは突然ダニエルがロン毛になった事に対し、

 「あなたの髪なの?」とメアリーが続けると、「違います。死んだ人の毛か誰かが寄付した毛だと思います」とダニエル。メアリーが「きっと誰かが寄付した毛ね」と言うと、ダニエルは若干異論ありという感じ。そこで尽かさず司会者のグラハム・ノートンが「床に落ちていた毛だな」と言い放ち、観客を笑わせた。

この髪型は実際にはヘア・エクステンションだったようです。
ダニエルは映画「フランケンシュタイン」でジェームズ・マカヴォイ演じるフランケンシュタイン博士の助手で猫背のイゴール役を演じるそうです。
どのように演じるのか今から楽しみですね。


スポンサードリンク

« »