ナイロビの美容院で寄生虫を植えつけられた女性がいた

ニュース

a0001_014315_m

ナイロビ(ケニア)の美容院で植毛手術を受けていたアイリーン・ミヤンゴさんが術後に寄生虫(脳破り虫)に巣食われていた事がわかったそうです。
美容院で脳破り虫を植えつけられた女性
アイリーン・ミヤンゴさんという少女が植毛手術を受けてから数日後に頭部にものすごい痛みを感じたところ、少女の頭部の奥深くに獰猛な寄生虫が這い進んでいたそうです。
手術された時に使用した毛髪は英国、米国、インドから輸入された可能性があるとして、驚く事に死体の毛髪だったそうです。
美容院は

この2ヶ月で150の植毛手術を行っているが、初めてのケースである

と言っているそうです。
それでアイリーンさんは大丈夫なの?

幸いにもアイリーンさんは大した負傷を負わなかった。丸刈りにして、2週間抗生物質を飲むだけのことで済むようだ。美容院側は賠償を申し出ている。

大事に至らなくて良かったねアイリーンちゃん。
それにしても死体の毛髪を使う植毛手術って、、、
想像したでけでも恐ろしいです。
脳破り虫ってどんな寄生虫なのでしょうか?
ちなみにギニアワームという寄生虫は人に寄生すると人が水辺に行くように操って、水辺に足を入れると皮膚を破って産卵する恐ろしい寄生虫だそうです。


スポンサードリンク

« »