白髪と脱毛に期待できるのは17型コラーゲン

髪のこと

白髪と脱毛に期待できるのは17型コラーゲン

コラーゲンと聞くと肌をプルンとしてくれる成分ということで、多くの女性がコラーゲン鍋やフカヒレなどを食べてコラーゲンを増やそうとしてきたと思いますが、どうも髪の毛にも関係しているという事がわかりました。

17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑えてくれるよう

東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授の研究グループと北海道大学・金沢大学・弘前大などと共に解明した事で、17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える働きをしていると国際科学誌Cell Stem Cell(セルステムセル)に2011年2月4日付で発表しました。
毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明より

ちょっとまって?コラーゲンの17型?17個もあるの?多くない?

コラーゲンはもっとありますよ。
人がもっているコラーゲンは2004年の段階で30種類以上もあって、骨に弾力も持たせたり軟骨に含まれていたり皮膚にも多く含まれているタンパク質の一つなんです。
身体を柔軟にして肌をプルンとしてくれる大事な成分なんですね。
その17型コラーゲンは体全体を覆う表皮や臓器の粘膜を構成する細胞に含まれているそうです。

17型コラーゲンがどう髪と関係あるの?

まず人の髪の毛の色がどこで何が作っているかと言うと、人の髪の毛の色は、毛包という髪の毛を頭皮に入れておく植木鉢のようなもので、毛包のバルジという部分で毛包幹細胞と色素幹細胞が同時に活性化することで色の付いた髪の毛が繰り返し再生されるということです。
そして17型コラーゲンが働く事で毛包幹細胞が枯渇しないで髪の衰えや脱毛を防いでいるそうです。
17型コラーゲンを欠損させたマウスでの実験では半年以内に白髪が目立つようになって約10ヶ月経つと全身の毛が抜け落ちたとそうです。その後でマウスに人型の17型コラーゲンを作るよう遺伝子操作してみたところ毛包と幹細胞が再びできて、脱毛と白髪が抑えられたそうです。
通常の実験で使われるマウスの寿命はオスで約900日、メスで約850日といわれているのでかなり早い段階で白髪になっている事がわかります。

17型コラーゲンを増やす為にコラーゲンを食べたらいいの?

残念ながらコラーゲンを含んだ食品(フカヒレや軟骨、ウナギなど)を食べても17型コラーゲンは増えないそうです。更に人工的に化学合成等も出来ないとの事です。

ただ新しい技術は日々進化しているので、いつの日か17型コラーゲンを増やす事が可能になる事を期待したいですね。

photo by: jennifrog

スポンサードリンク

« »