景気が上がると女子は本田翼風ショートヘアになりたがる?

髪のこと

本田翼風ショートヘア

最近、ショートヘアの女性を街中で見かける機会が増えてきた気がします。

ビューティーナビが集計した「男ウケ髪型ランキング」では1位、2位がショートヘアでした。

【集計期間:2013年09月04日 ~ 2013年10月03日】

★1位★大人クールショート
大人カジュアルなベリーショートです。全体に束感を出すようにカットしてあります。前髪を少しアシンメトリーにすることで、ちょっぴり辛口な雰囲気がでます。カラーは、明るめでも暗めでもOKです。

★2位★シフォンショート
やわらかなパーマをかけてあげることでさらにやさしい雰囲気に!目ギリギリでカットされた前髪もポイントです。カラーはツヤのあるシフォンブラウンです。

★3位★やわらかウェーブ
カラーを毛先にいくにつれて自然に明るくすることによって、伸ばしかけの重たいセミディをやわらかい質感に。32mmのカールアイロンでサイドは細くリバースに、後ろは大きくフォワードに巻いて、手ぐしでほぐしてスプレーワックスをふったらできあがりです。

ショートヘアのアレンジのバリエーションが増えて、それぞれの個性を出せるようになったからですかね。ショートヘアには垢抜けた印象を持たれやすいので、男性にはよく見えるのかも知れないですね。

ショートヘアにする女性が増えてきた事と景気が良くなる事には関連がある

アベノミクス効果で景気が現在でも緩やかに回復傾向に向かっているそうです。

これまで通っていた店に訪れる回数が増えるとか、少し単価の高いものに手を出すとか、ちょっとずつ財布の紐が緩んでいるような現象がそこかしこで見られるようになっているのだ。
実際、景気回復を示す「フラグ(目印)」が目立つようになった。
たとえば女性のショートヘアの流行。ネットの検索ワードでも「ショートヘア」「ショートカット」という単語が目立ち始め、SNS上でも「髪を短くしたい」という発言をよく目にする。ショートヘアは、頻繁に髪のメンテナンスが必要となり、美容院に行く回数の増加につながる。気持ちが前向きになると同時に、経済的な余裕が生まれつつあることが背景にあるのではないか。
マネーポスト

確かにロングヘアだと自分で毛先を切った時に少し変になっても、ごまかしようはありますがショートヘアだと自分で手入れするのは相当勇気がいりますよね。それで美容院に行く回数が増えるというのには納得できる部分があります。
更に「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」の「景気動向指数を強い相関性があるキーワード例」に「年収1000万」「ヴィトン ショルダーバッグ」の他「ショートヘアカタログ」が入っていました。

今したい髪型は「本田翼風」ヘアスタイル

現在、テレビやメディアで活躍しているモデルや女優の中でショートヘアの似合う人としてパッと思いつくのは本田翼さんですかね。最近では「ショムニ2013」に出演したり、今は「安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜」にも出ている人気の女優ですね。

男の単純な考え。
ロングヘア、ミディアムヘア=少し大人しい、お嬢さん、大人っぽい。
ショートヘア=若々しい、活動的、明るい雰囲気。
など思いつくのですが、景気が上向くと活動的になって少し今までと違う事にチャレンジしたくなりヘアスタイルをショートにする事で、それに合わせたファッションにトライしたり。可愛いファッションに着替えたら、どこか出かけたくなり、回り回って景気が良くなる?なんて事ですかね。
ちなみにボクはショートヘアの女性、ロングヘアの女性、どちらも好きです。

 


スポンサードリンク

« »